今日の健康ブームの影響もあり、自分の健康に留意をするという人が増えてきました。


積極的に身体を動かすなど日常生活に運動を取り入れたり、糖質や塩分、カロリーの低い食べ物を選んで食べたりなどの動きが活発化しているのです。

学校で毎年健康診断が実施されているのは当然として、今日の日本社会では職場においても定期的な健康診断を受けることが当然となっています。



さらに、会社によっては社員の健康管理まで行う企業も増加しており、個人レベルを超えて社会レベルで健康への高い意識が根付きつつあるといっても過言ではないでしょう。
普段私たちが受けている健康診断には大きく分けて2つの種類があります。

特定の病気に焦点を当てずに、身体全体を調べて身体に異常がないかどうか調べる一般検診。



一方でがん検診のように特定の病気に焦点を当てて重点的に調べる検診があります。
現在、厚生労働省ががん検診の効果が科学的に証明されているとして検診の推奨をしているのが、肺がん・胃がん・大腸がん・乳がん・子宮がんの5つで、この5つのがんを主要5大がん等と呼んでいます。



がん検診の目的は、がんを早期発見し、がんにかかっている人の死亡率を下げることが大きな目的となっています。
主要5大がんは早期発見し、適切な治療を行うことで死亡率を下げることが可能であると科学的に証明されています。

早期に発見できればがんは決して怖いものではありません。

ぜひ定期的にがん検診を受けて健康の維持に努めたいですね。



Copyright (C) 2014 がん検診を受ける意義とメリットについて All Rights Reserved.